債務整理には、いくつかの方法がありますが、どの方法を選択しても、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。 世間的によく使われている「ブラックリストに載る」という表現の方が、わかりやすいかもしれません。 ブラックリストに載ると、7年くらいは新たに借入れができなくなるでしょう。 実際には、もっと短い期間で借入れができるようになることもあるようですが、約7年間は住宅ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりといったことはできないと思った方がいいです。 理由はどうあれ、債務整理をしたということは、当初の契約通りに債務を返済できなかったわけです。 ちゃんと返してもらえないのがわかっていて、お金を貸す人はいませんよね。 失った信用を回復するのに、7年くらいかかるということなのでしょう。 債務整理は経済状況を立て直すのには非常に有効な方法ですが、その後は心を入れ替えて堅実に暮らさないと大変なことになります。 それに、債務整理を選択する前に、こういったデメリットについても慎重に検討した方がいいでしょう。